コラム

2020.11.07Saturday

大人のこだわり!自宅で楽しむ加賀友禅・和のカーテン!

 

「カーテン」「和柄」で検索すると、和室に合う色柄もののカーテンが多々ヒットされるかと思います。

落ち着きのある和の空間に、シンプルながらもスタイリングに調和した美しいデザイン・カーテンの数々……。きっとあなたはそれらのカーテンに目移りしていることでしょう。

このページもそんな「カーテン」「和柄」に関する紹介記事ではあります。

ですが、今まであなたが目にしてきた、和室に合うカーテンというよりは、「和」であり「日本美」そのものをカーテンに取り入れた、『加賀友禅』のオリジナルデザイン。カーテンの紹介記事です。

加賀友禅作家さんの伝統の熟練業と最先端のデジタル技術の融合により、日本の美意識をカーテンに取り入れた、満天カーテンの加賀友禅『加賀・花ものがたり』シリーズ。

草花模様を中心とした写実的な加賀友禅の絵画調の世界観を、是非ご堪能ください。

 

 

そのまえに知って起きたい『加賀友禅』とは?

加賀友禅の歴史は、今からおよそ500年前、加賀の国独特の染め技法であった無地染の「梅染」にさかのぼります。そして模様が施されるようになったのは17世紀中頃。いわゆる加賀御国染と呼ばれる兼房染や色絵・色絵紋の繊細な技法が確立されたことから、加賀友禅は現在の道を歩み始めました。正徳2年(1712)京都の町で人気の扇絵師であった「宮崎友禅斎」が金沢の御用紺屋棟取の「太郎田屋」に身を寄せ、斬新なデザインの模様染を次々と創案。その傑出した能力で友禅糊の技術を定着させるなど、加賀友禅の発展に大きく寄与しました。その後、加賀百万石の武家文化のなかで培われ、多くの名工を輩出しました。五彩と言われる臙脂・藍・黄土・草・古代紫を基調とし、着物に美しい自然の息吹きを封じこめる加賀友禅。落ち着きのある写実的な草花模様を中心とした絵画調の柄が特徴で、線にも手描きの美しさが感じ取られます。外を濃く中心を淡く染める「外ぼかし」や「虫喰い」の技法も使われます。仕上げに金箔や絞り、刺繍など染色以外の技法をほとんど用いないことも京友禅とは異なる特徴の一つです。加賀友禅には繊細な日本の心と、染めの心が絶えることなく脈々と息づいています。
引用:加賀友禅 KAGA-YUZEN『加賀友禅を知る』より

 

 

満天カーテン『加賀・花ものがたり』シリーズ

加賀友禅『加賀・花ものがたり』シリーズは、加賀友禅作家さんが描き上げたオリジナルデザインのカーテンです。古典柄から創作作品までをラインナップした鮮やかな色彩が、あなたのお部屋を彩ります。

今回はその中から9点をピックアップして紹介させていただきます。

 

加賀友禅 春しだれ

落ち着いた色彩の優しい地色の背景に、やわらかく枝垂れる春のしだれ桜がデザインされたカーテンです。

>>「加賀友禅 春しだれ」商品ページはこちら

 

加賀友禅 春梅枝ちらし

臙脂色を基調に縁起物の梅をモチーフにデザインされたカーテンです。優しい美しさから普段使いにも十分に楽しめますが、何かお祝い事の席に持ち出したくなる意匠ですね。

>>「加賀友禅 春梅枝ちらし」商品ページはこちら

 

加賀友禅 孔雀翔

華やかな色彩の背景の中、飛翔する孔雀。中国では古来より富と繁栄の象徴とされた縁起もののため、こちらも「春梅枝ちらし」同様、何か特別な席で飾りたくなりますね。

>>「加賀友禅 孔雀翔」商品ページはこちら

 

加賀友禅 古典

上品な紫の地模様に、様々な草花の模様を散りばめデザインされたカーテンです。

>>「加賀友禅 古典」商品ページはこちら

 

加賀友禅 草花

上品な色使いの緑の色彩に、カーテンの裾から自然と生い茂る草花。自然とそこにある景色からは、見る人に加賀友禅ならではの落ち着きと魅力を感じさせてくれます。

>>「加賀友禅 草花」商品ページはこちら

 

加賀友禅 立ち梅

臙脂の背景色に、バリエーション豊かに散りばめられたかわいい梅の意匠の花が特徴です。モダンでちょっと垢抜けた、お洒落な和の演出に面白いかもしれませんね。

>>「加賀友禅 立ち梅」商品ページはこちら

 

加賀友禅 春秋百花

艶やかな色彩に、春秋を彩るがごとく咲き乱れる草花。明るく華やかな印象のお部屋コーディネートにいかがでしょうか。

>>「商品ページはこちらから」

 

加賀友禅 早春桜

カーテン生地いっぱいに咲き散りばめられた草花。その中にあって優しい色使いで満開に咲き乱れる早春桜。春の到来を予感させる艶やかな雰囲気が魅力的です。

>>「加賀友禅 早春桜」商品ページはこちら

 

加賀友禅 霞牡丹

カーテン生地の四隅に、大胆な大きさながらも美しく咲き誇る牡丹が印象的なデザイン。単純なパターンデザインでは味わうことができない、優雅な美しさが魅力的です。

>>「加賀友禅 霞牡丹」商品ページはこちら

 

加賀友禅 四季桜

色鮮やかな背景に咲き誇る四季桜。他の草花とも絶妙にマッチして、得も言われぬ美しさをに華咲かせています。

>>「加賀友禅 四季桜」商品ページはこちら

 

今回は現在満天カーテンで販売中の、加賀友禅『加賀・花ものがたり』シリーズの中から、9点をピックアップして紹介させていただきました。

落ち着きのある色彩を基調としたものから、艶やかな色使いのものまで。京友禅、江戸友禅と並ぶ日本三大友禅・加賀友禅の世界観を、カーテンを通じてお楽しみいただけたでしょうか。

加賀友禅は、京友禅や江戸友禅と異なり、主に染めの技法を用いていたため、現在のデジタル技術と親和が図れ、その魅力―――染めの心がカーテンの中に再現できたのではないでしょうか。

ご協力いただいた加賀友禅作家さんに感謝するとともに、この特集記事で加賀友禅とカーテンのコラボレーションを楽しんでいただけたなら何よりです。