コラム

2020.11.20Friday

防寒対策はカーテンで!抑えておきたい5つのポイント!

 

寒い寒い冬の到来とともに、嫌でも考えなければならないことのひとつに冬の防寒対策があります。

寒い室内を暖房器具で温め、厳しい冬場を乗り切られる。そんなご家庭がほとんどだと思います。

ですが、お部屋を暖房器具でフル回転で温めてみても、窓の側では何故かしら寒さを感じる……なーんて経験があるのではないでしょうか?

それもそのはず。実は熱が窓から逃げていくため、窓の側はどうしても寒くなるのです。

そこで今回は、さむーい窓辺をぽかぽかと暖かくするための、カーテンを使った防寒対策を紹介いたします。

 

 

熱は窓から逃げていく!?

まずは、「一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会」さんがまとめた下記図表をご覧ください。

出典:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

 

この図表は、ご家庭内での冷暖房時における開口部からの熱流出入の割合を示したものです。こちらをご覧いただいてみても分かるとおり、冬場の暖房時に開口部―――窓から流出する熱の割合は、全体のおよそ58%! 流出する熱の半数以上が、驚いたことに「窓」から逃げていくのです。

つまりは「窓辺の防寒対策=カーテンを活用すること」こそが、より効果的な防寒対策につながると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

併せて読んでみたい!特集記事!

真夏の救世主!断熱機能カーテン&断熱機能カーテン!

 

カーテンで実践する5つの防寒対策!

カーテンを窓辺に吊り下げるだけでも、勿論ある程度の効果は見込めますが、細かな点をきっちりと抑えることで、より効果的な防寒効果を見込むことができます。

ここでは、以下に「5つのポイント」を紹介させていただきます。

お目通しいただいた上で、これは!と思うものがあれば是非とも活用してみてください。

 

1.生地素材の選択による防寒対策

厚地の生地素材を用いることで、高い保温効果が見込めます。

遮光カーテンは生地が高密度で織り込まれているため遮熱性能が高く、外からの冷気の流入を抑えてくれます。

また遮光カーテンは防寒対策を見込んだものであれば、気密性の高い一級遮光、もしくは満天カーテンがおすすめする完全遮光のカーテンを選んでいただければ、より高い防寒効果が得られることでしょう。

2.窓より大きめのサイズで防寒対策

室内におけるエアコン熱の流出や外からの冷気の流入を抑えるためにも、カーテンのサイズは窓面積よりも大きめに、覆いかぶさるほどのゆとりをもったものを選びましょう。

カーテン丈は外からの冷気を考慮するならば、床に接地するくらいの長さにして隙間を埋めてしまったほうが、断熱性能は断然高くなるでしょう。
数センチ程度でしたら、アジャスターフックを用いれば微調整できます。

ただし丈を床面にまで接地するデメリットといたしましては、カーテンの裾にゴミや汚れが付着して、場合によってはこまめなお手入れが必要になります。あらかじめご注意ください。

3.厚地カーテン+レースカーテンの組み合わせで防寒対策

厚地カーテンとレースカーテンを組み合わせ、窓と室内の間に空気の層を作ることで、断熱性能が高まります。

さらに遮熱効果に優れたレースカーテンを組み合わせれば、外からの冷気を防ぎ、より高い保温効果が期待できます。

4.色がもたらす効果で防寒対策

色の心理的&生理的効果を用いることで、色によっては体感温度が±2~3℃も変わると言われています。

暖色系の色を取り入れて心と身体を暖かく、体感温度をコントロールするのも良いですね。

ただし、暖色は体感温度だけではなく、交感神経にも働きかけることから、過度な使用は禁物です。彩度の高い色味よりも、ベージュやブラウン系などの、彩度を抑えた優しい色味によるお部屋コーディネートをおすすめいたします。

5.カーテンボックスで防寒対策

カーテンの上部やカーテンレールにボックス(カーテンレールカバー)を取り付けることで熱の流出を防ぎ、エアコンの暖房効果を高めてくれます。

メーカーさんから販売されている後付けカーテンボックス以外にも、コストを抑えた簡易的なものであれば、ネットで自作例がいろいろと紹介されています。
「カーテンボックス+DIY」などを検索のキーワードにして、ヒットしたサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ただし、カーテンボックスをキャットウォークとして活用する場合には、愛猫の荷重に耐えられるよう考慮いたしましょう。

……と言いますか、猫ちゃんがいらっしゃるご家庭は、確実にその点を視野に入れられたほうがよろしいかと思います。

 

 

今回はカーテンを用いた窓辺の防寒対策を紹介させていただきました。

この記事を書いているときは、第三の夏日?と呼ばれる暖かな日が続きましたが、これから寒さが厳しくなることでしょう。

みなさまも来たるべき冬の到来に向け、カーテンでの防寒対策をおすすめいたします!

今年の冬を暖かく乗り越えましょう!