コラム

2020.04.20Monday

真夏の救世主!断熱機能カーテン&遮熱機能カーテン!

高機能カーテンで快適&省エネライフ

夏になれば毎年のように「猛暑日」とか「酷暑日」などの言葉が耳に入ってきます。

外出先からヘトヘトになって帰宅した際、ドアを開けた瞬間に室内にこもった熱風が噴出してくると疲れも増してしまいます。

すぐに窓を全開にしてお部屋の空気を入れ替えた後にエアコンや扇風機を最大にしても、中々お部屋の温度は下がらず電気代ばかりかかってうんざりした事も・・・。

気温が上がる頃になると、日光が肌を刺すように焼きますし、「完全遮光カーテン」や「遮熱機能カーテン」、「断熱機能カーテン」の文字が気になってきます。

普通のカーテンを使用している方はサンシェードや簾などを屋外に取り付けると快適に過ごせると思いますが、その分、購入費用も掛かります。
屋外に設置する場合は脱着やメンテナンスが少々面倒ですし、一人で取り付けるのは大変な作業です。
やっと取り付けたと思ったら、台風接近で取外しとか・・・悲惨な経験をしたことがあります。

「今年はカーテンで暑さ対策を!」と考えていても、本当に何が良いのかわからなくて、悩んでいる間に無駄に時間がかかっていませんか?

遮熱と断熱。どちらも似たような意味を持つ言葉なので、「何が違うの?」「どっちが良いの?」と迷ってしまいますよね。

今日は、機能性の中から「断熱」と「遮熱」についてご説明させて頂きます。

窓からの放熱を侮ってはいけない

断熱と遮熱についてお話しする前に、まずは窓についてご説明をいたします。

建物の窓からどのくらいの熱量が流入し、また、流失しているかをご存じですか?

下記の図をご覧いただくとお分かりになるように、外気温が33.4℃の時、窓からは73%もの熱量が室内に流入しているそうです。

出典:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会
図表作成:全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)

逆に、冬になれば室内で暖房をつけていても、窓から58%もの熱量が流出してしまいます。
これでは、いくらエアコンをフル稼働しても快適な温度になるまでに相当の時間と電気が消費されてしまいます。

「暑くてたまらない!電気代もなるべく使いたくない!」と思った時がカーテンを買い替える良いタイミングです!

窓から熱が流入しないように、機能性にこだわってカーテン選びをしてみましょう!

     

断熱機能カーテンについて

断熱とは、読んで字のごとく「熱」を「断つ」機能です。

建築物では断熱材がありますが、断熱材が使用されている建物と使用されていない建物では雲泥の差があることはご存じですよね?

断熱材が使用されていない住宅はダイレクトに外気にさらされるため、窓を開けて換気をしていないと夏は家の中が蒸し風呂のように暑くなります。

逆に、冬の寒さが厳しい時は暖房器具をフル稼働させても、暖かい空気が窓から逃げてしまうためお部屋がなかなか温まりません。

カーテンでも同じです。

断熱機能があるカーテンは、窓からの熱流入や流出を防いでくれます。

断熱機能カーテンは熱を断ってくれるので外気温の影響を受けにくく、外が暑くても涼しく、逆に外が寒くてもお部屋は暖かいのです。

断熱機能カーテンを使用することによって、 年間を通してお部屋の中の温度変化は緩やかになります。

我が家では1億円カーテンを床につく長さの「ブレイクスタイル」で使用していますが、帰宅した時にカーテンを開けると、驚くことに窓とカーテンの間に熱波がこもっています。

もし、1億円カーテンでなければ、この熱がダイレクトに部屋の中に伝わっていたのかと思うと恐ろしいです・・・。

遮熱機能カーテンについて

遮熱とは、「熱」を「遮る」機能です。

真夏に窓からの日光が室内に差し込み続けていると、日光が当たった部分の温度は上昇し放熱します。連動して室内の温度も上昇していきます。

遮熱機能カーテンとは、窓から差し込む日光を反射し吸収を妨げる事によって室内温度の上昇を防ぎ、夏の暑さを和らげてくれます。

一般的に「遮熱機能カーテンは夏にしか効果がない」と言われていますが、メーカーによって生地の製造方法や加工方法が異なるため一概には言い切れません。ご購入の際にメーカーやショップへご確認されることをお勧めいたします。

カーテンを変えて快適&省エネに!

断熱機能カーテンと遮熱機能カーテンについてご説明いたしましたが、違いがお判りいただけましたでしょうか?

個人的な意見ですが、夏も冬も一定の効果があり、一年を通してお使いいただけるのは「断熱機能カーテン」ではないかと思います。( ※メーカーによって性能が異なるため、詳しくメーカーやショップへお問い合わせください )

満天カーテンでは100%完全遮光機能と断熱機能も兼ね揃えた「1億円カーテン」をご用意しております。

真夏は外気温の影響を57%もカット!

その上、完全遮光で100%UVカットしてくれるので、日光アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。

(日本繊維製品品質技術センターで検査、実証済み)

厚地のカーテンだけでなく、レースカーテンにも断熱機能のある商品も増えています。厚地カーテンとレースカーテン共に、うまく機能を組み合わせてみてはいかがでしょうか?

「断熱機能カーテン」と「遮熱機能カーテン」について書かせて頂きましたが、それ以外にプチ情報を!

「省エネ温度=室温27度」と耳にしますが、エアコンの温度を27度に設定している人がいらっしゃると思います。
これは大きな勘違いです。
「エアコンの設定温度」ではなく「室温が27度」なのです。

真夏の日中はエアコンの設定温度を27度にしても室温が27度を超えている場合が多く、室内にて熱中症になり救急搬送された方もいらっしゃいます。

大事なのは「お部屋の温度」です。

カーテンをうまく使って、無理せず快適なサマーライフをお送りください。