コラム

2021.11.15Monday

新築のカーテン選び失敗事例とは?失敗しない方法も紹介

新築で家を建てた方の多くは、今まで使用していたカーテンではなく、新築されたご自宅用に新しいカーテンを購入するのではないでしょうか?

しかし、新築されたご自宅に合うように吟味して選んだカーテンなのに、なぜかしっくりこなかったという経験はありませんか?

そこで今回の記事では、新築時におけるカーテン選びの失敗事例と、新築の際にカーテン選びで失敗しないための方法を紹介していきたいと思います。

新築のカーテン選び失敗事例とは?

ここでは、新築されたお宅で起こりがちな、カーテン選びの失敗事例を紹介いたします。

新築で起こりがちなカーテン選びの失敗には、以下のようなものがあります。

■カーテンの幅丈があわない
■用途や立地に合わない遮光率のもの
■部屋の雰囲気にカーテンがマッチしない

カーテンの幅丈があわない

意外と多い事例に、カーテンの幅丈―――特に幅の収まりが悪いといったお話を耳にします。
ありがちな失敗例なのですが、お部屋の窓幅=カーテン幅としてしまっていることから起こることです。

一般的に、カーテン幅は窓の幅ではなく、「カーテンレールの長さ(カーテンレールの端にある固定リング間の距離)×1.05」がベストな幅とされています。
これは、カーテンの脇からの光漏れを防ぐためや、余裕を持って開閉できることを考えてのことです。

幅や丈が短いと、インテリア的にも見栄えがよくありません。
窓や用途に合わせた幅丈のものを購入されたほうがよろしいでしょう。

用途や立地に合わない遮光率のもの

以前住まわれていた場所から、新たな転居先に引っ越した際に起こりがちなケースです。
これは現在のお住いを基準として選んだ結果、起こる事例です。

当然のことながら、周囲の環境によってお部屋に入ってくる日差しの量は違います。
寝室のカーテンなのに、思った以上に日差しが強くて困ってしまう……ということがないように、ご自宅周辺の遮蔽物や窓がある方角を考慮したうえで、用途にあった遮光率のものを選びましょう。
せっかく選んだお気に入りの色柄でも、カーテンとしての機能を果たさないようでは、快適なお部屋生活も半減します。

また、通りに面したお宅の場合、遮光率の低いカーテンを選ぶと、室内の照明から人影が見え、何をしていたか丸分かりだった……などということもあるようです。

この点も踏まえた上で、取り付ける場所や位置、方角などを考慮した遮光カーテンを選ばれることをおすすめいたします。

新築でカーテン選びを失敗しないための3つのポイント

ここでは、新築のカーテン選びで失敗しないためのポイントを紹介いたします。

気をつけるポイントは以下の3つです。

■部屋のインテリアを入れたあとにカーテンを購入する
■建築段階でカーテンを購入しない
■カーテンレール幅と窓の種類に合わせた丈選びを

部屋のインテリアを入れたあとにカーテンを購入する

新築のカーテン選びで失敗するポイントの一つにインテリアとカーテンがマッチしていないという問題があります。

そのため、新築でカーテンを選ぶ際には家具などのインテリアを入れて、部屋全体のイメージを決めた上でカーテンを購入しましょう。

ただ、最初にカーテンをつけてないと防犯上不安がありますので、新しいカーテンを購入するまでは、もともと住んでいた家のカーテンをサイズがあっていなくても取り付けておくと良いでしょう。

建築段階でカーテンを購入しない

建築段階でカーテンを購入しないのも新築でのカーテン選びを防ぐポイントです。

新築の場合は、どうしても気が焦ってしまい新築の家が引き渡される前にカーテンや家具などのインテリアを買ってしまうことがあります。

しかし、新築の場合は事前に聞いていた窓枠の大きさと異なることや窓枠の位置の問題でカーテンを買ったあとにつけたらしっくりこないことも多いです。

そのため、新築でカーテンを選ぶ際には、建築段階でカーテンを購入するのではなく、全ての工事が終わった上でカーテンを購入するようにしましょう。

カーテンレール幅と窓の種類に合わせた丈選びを

上記でも触れましたが、カーテンレール幅と窓の種類に合わせた丈から割り出したサイズで、カーテンを購入しましょう。

近頃の注文住宅の場合、窓のサイズがオリジナルのものが多くなっています。

一昔前なら、量販店の既製品でも問題はなかったのですが、最近はそれではなかなかうまく行かないことも多々あるようです。

多少面倒に思われるかもしれませんが、長く使用されることや、お住まいに快適性を求められるならば、カーテンの設置場所を正しく採寸して、お部屋にあったサイズのものを購入されることをおすすめします。

なお、下記リンクでカーテンサイズの正しい測り方を解説しています。
カーテンを購入されるときの採寸時に、参考にしていただければ幸いです。

カーテンサイズの測り方

まとめ

新築のカーテンを購入する際には、事前にどのような失敗があるのかを確認した上で、失敗しないようにカーテンを選ぶようにすることで、カーテンを購入したあとに新築の家にカーテンをつけたらイメージと違ったというトラブルを回避できます。

満天カーテンでは、様々なデザインのカーテンを取り扱っております。

新築のカーテンで迷いの方は、下記URLからお好みのカーテンを探してみてはいかがでしょうか。

https://manten-curtain.com/fs/manten/GoodsSearchList.html?keyword=